脱毛のしたい人の共通点コンプレックス

誰にでもコンプレックスがあると思います。

コンプレックスがあるとや周りの目線が自分のコンプレックスな部分を見ているというような意識になってしまいます。

周りの人は自分のことをそんなに見ていたいのに、凝視されていると錯覚してしまう訳です。

スポンサーリンク

体毛がコンプレックスである場合、これから夏になり薄着や半袖、半ズボンで過ごすようになると、その見られている感覚がより一層強くなります。

体毛にコンプレックスがある人の場合、他人の体毛について敏感です。〔見ています〕

鼻が低いのがコンプレックスの人の場合、他人の鼻ばかり見ています。

全ての人が体毛にコンプレックスを持っているのであれば、自分の体毛を見られいることは多いと思います。

しかし男性の場合、体毛が生えているのが当たり前という考えの人が多くいるのは事実です。

周りの人はそんなに自分ことを見ていないということです。

家庭用脱毛器で脱毛器を進めていくと、毛を剃ってから脱毛しなければなりませんが、それが他人の目にさらされたとしても、「毛を剃った?」なんて野暮なことを聴く人はそうはいません。

もし、そう言われたら開き直って手入れをしていますと言いましょう!笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする