照射して脱毛の進み方教えます

照射したあとの脱毛の進み方についてお話しします。

ここでは私が使っているケノンを使用しての状況です。

ケノンを当てると根毛が焼き切れ、毛がノンストレスで抜けるようになりますが、照射した後、毛は普通に生えて来ているように見えます。

違いが明らかに出てくるには二週間後くらいです。

これはケノンに限らず、医療脱毛も同じような経過を辿ります。

スポンサーリンク

ケノンが効いていると毛が一、二ミリ毛が伸びた後、毛が伸びてきません。

ケノンが当たっていないところと比べると、毛の成長スピードが遅いように見えます。

成長してない毛を摘んで引っ張ってみると、不思議なくらいノンストレスで抜けます。

脱毛をしたことが無い方は、照射したのに毛が普通に生えてきているように見えますので、不安になるかもしれませんが、心配ご無用です。

また、慣れてきますと毛のツヤや濃さを見たらケノンが効いているのか分かるようになります。

ケノンが効いている毛は周りの毛と比べて力なく、薄くなっています。

ノンストレスで抜けた後も毛は生えてきますが、徐々に薄くなってきます。

毛をカミソリなどで剃るより、抜いた方が次の毛が生えてくるまでの時間がかかりますよね。

ケノンによる照射は毛を抜いた後の毛の状態とよく似ています。

ツルツル肌の状態が長く続くので、毛のお手入れの時間も少なくなり、非常に楽です。

ノンストレスで毛が抜けて、新たな毛が生えてきたタイミングを見計らって、ケノンを照射していくことなりますので、毛の状態を見ながらだいたい1ヶ月から1ヶ月半ごとにケノンを照射していけば完璧です。

これを繰り返すことによって、どんどん毛が薄く、無くなっていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする